Langfocusチャンネルによるイタリア語の仕組み解説

イタリア語のしくみ

Langfocusは、語学マニアのカナダ人Poulさんが運営しているYoutubeチャンネルです。Poulさんは日本語も話せます。

世界中の言語の仕組みについて分かりやすく解説してくれるので、これから覚えてみたい言語についての動画を観ておくと概観が掴めて取り組みやすくなります。

スポンサーリンク

イタリア語について

こちらは一番基本的な動画です。

英語との比較も交えながら発音、語彙、文法について概観できます。

また、動画冒頭ではイタリアという国の歴史も振り返ることで、「イタリア語」がそもそもどの言語を指しているのか教えてくれます。

イタリア語とフランス語はどのくらい似ているか

Poulさんはよくこの「どのくらい似ているか」シリーズをやります。

例えばスペイン語とフランス語の比較、スペイン語とポルトガル語の比較の動画もあります。

イタリアとフランスはどちらもローマ帝国時代にラテン語を使用しており、現在でも非常に似通った言語を使っています。

語彙に関しては89%が共通しているようです。文法もほぼ同じですが、発音は全くといっていいほど異なります。

この動画によれば、フランス語が現在のような特殊な発音(語末子音の無音化、母音の曖昧化など)はケルト人的な発音が混ざったことが理由らしいです。

ロマンス諸語について

「ロマンス」というのは恋愛のことではありません。イタリア語やスペイン語など、ラテン語から派生している言語をまとめて「ロマンス諸語」と呼びます。

アフリカや南米でも使われているので、総話者数は8億人に及ぶとのこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました