語学学習アプリNemo(ネモ)の解説とレビュー

解説・レビュー

Nemo(ネモ)という語学学習アプリがあります。

日常会話と頻出単語を覚えることに特化したアプリとして評価を受けています。

本稿を読むと以下のことが分かります。

  • Nemo(ネモ)があなたに合っているかどうか
  • Nemo(ネモ)の月額料金と解約手順
  • Nemo(ネモ)の一番お得な使い方
  • Nemo(ネモ)が合わないときに試したい他の学習リソース
スポンサーリンク

こんな人におすすめ

Nemo(ネモ)は空いた時間に語学学習をしたい人におすすめ

Nemo(ネモ)は自分のペースで語学学習が出来ます。

対面式の語学学習アプリが多く、他人にスケジュールを合わせるのがつらく感じる人も多くいます。

しかしNemoではアプリ単体での学習が可能です。

またオフラインの状態でもアプリが使えるのが特徴です。

ちょっとしたスキマ時間にアプリを起動して語学学習できるのがNemoの強みです。

Nemo(ネモ)は語学初心者におすすめ

Nemo(ネモ)が収録している単語には「おはよう」や「ありがとう」といった、本当に基本中の基本的なものが多数あります。

ある程度の習熟者にとっては簡単に感じられるかもしれませんが、初めてその語学に触れてみるという人には最適です。

またネイティブによる発音も収録されていて、目と耳の両方のアプローチから語学を覚えられます。

Nemo(ネモ)は他で文法等を学んでいる人におすすめ

Nemo(ネモ)では、基本的な単語と日常でよく使う短い文章を覚えることができます。

どちらかと言えば暗記的な要素を得意としているアプリです。

したがって、それ以外の要素である文法や会話のやり取り、ライティング技術は他のアプリや参考書等で補う必要があります。

効率的な語学学習のために、両者を併用することを推奨します。

学習可能言語

Nemoが収録している言語は、英語・中国語・フランス語・スペイン語等の主要言語を始めとして、シンハラ語やタミル語といったインド・スリランカの珍しい言語もあります。

特に北欧の言語はほとんど収録されていて、ヨーロッパ系言語に強いのが特徴です。

合計で34の言語が学習できます。

他のアプリと比較するとやや少ないかもしれませんが、ニーズの有る言語はほとんど収録されています。

Nemoでは言語ごとに、「Nemo英語」・「Nemoスペイン語」等アプリが分かれています。

1つ1つのアプリの容量はそれなりにあるため、一定のクオリティーは保障されています。

料金

月額料金表

Nemoの料金は以下の通りです。

・Nemo Foundation pack1,480円(iOS)977円(Android)

Nemoでは月額コースの制度はなく、課金すると永久的にコンテンツが利用できます。

また、無料トライアルや期間限定で安くなるといったキャンペーンはありません。

課金はまず無料版でアプリを試してから!

Nemoは課金すると収録単語が増えます。

しかしながら、無料で学習を進めてからでも十分間に合います。

Nemoには月額課金がないので、自分のタイミングで課金しましょう。

ダウンロードリンク

Googleplay

Google Play の Android アプリ
いつでもどこでも、お使いのデバイスで何百万もの最新の Android アプリ、ゲーム、音楽、映画、テレビ番組、書籍、雑誌などを楽しめます。

App Store

‎Nemo Apps LLCのAppをApp Storeで
‎nemo 韓国語、nemo タイ語、nemo フランス語とその他を含む、Nemo Apps LLCのAppをダウンロードします。

解約手順

アプリストア全体の購読(サブスクリプション)の管理のところで解約できます。

アプリをアンインストールしただけでは解約されない(課金が続く)ので、注意しましょう。
無料トライアルの解約も同じです。

Google Playの解約手順

Google Play での定期購入の解約、一時停止、変更 - Android - Google Play ヘルプ
Google Play での定期購入は、解約手続きを行わない限り自動的に更新されます。 定期購入している Google アカウントにログインしてください 定期

App Storeの解約手順

Apple のサブスクリプションを解約する方法
App Store で配信されている App を通じて登録 (購入) したサブスクリプションの解約方法をご案内します。Apple TV+、Apple News+、Apple Fitness+、Apple のその他のサブスクリプションも解約できます。

一番お得な使い方

Nemoの有料版は1,000円前後です。

書籍の語学単語集とほぼ同程度の値段です。

ネイティブの発音も聞けますし、アプリなのでかさばりません。

他の参考書と比較しても費用対効果は悪くないので、課金することで決して損することはありません。

無料版での学習がある程度進み、まだ学習意欲がある場合は課金することをおすすめします。

機能

Nemoの「検索」というモードは、収録されている単語を調べられ、ちょっとした辞書代わりになります。

また習得したい言語だけでなく、日本語からでも調べることが可能でとても便利です。

「Nemoカード」というモードは単語帳のような感覚で使えます。

単語が次々と表示され、単語のすぐ下に和訳があり、スワイプすることで読むことが出来ます。

無料版の機能制限

無料版では単語の収録数が約100個。

それらは「挨拶」「必要不可欠な単語」「必要不可欠なフレーズ」「基本の質問」という4つのカテゴリーに分かれています。

無料版と有料版の違いは単語の収録数だけで、他の機能について差異はありません。

長所

Nemoの最大の長所は、自分の発音を向上させることが出来ることです。

「スピーチスタジオ」というモードを使って、ネイティブの発音の後に自分の声を録音できます。

両者の声を比較して、自分の発音の悪いところが探せます。

「スピーチスタジオ」を何度も何度も繰り返すことで、ネイティブ並みの発音に近づけることが可能です。

またUI(ユーザーインターフェース)がシンプルで使いやすいのも特徴です。

他のアプリはUIが使いにくく、初見では何をすればいいか分からないことが多いです。

しかしNemoのUIは直感的で分かりやすく、インストールした直後から自分がしたい学習方法を見つけることが出来ます。

操作性も良く、単語帳をめくる感覚でスワイプしながら単語を習得していくことに快感を覚えます。

短所

Nemoにはいくつかデメリットがあります。

まず課金しないとやれることが少ないことです。

課金すると1200以上の単語を学習することが出来ますが、無料版のままだとその10分の1以下の単語しか学べず、すぐに学習が終了してしまいます。

また、日本語の翻訳に怪しいところが多いのも残念な点です。

日常会話の翻訳や設定画面の日本語表示に違和感を覚えるものが混ざっています。

解説・レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LHをフォローする
スポンサーリンク
Langhacks

コメント

タイトルとURLをコピーしました